にわかサーバー屋さんの覚書

サーバー系を担当しているけど、設計などは日々勉強中のプログラマの覚書

ん、NoSQLって?それ美味しいの?

いろんなシステムを見せてもらって、

ざっと、

 

MySQL + memcached

 

の組み合わせで設計してありました。

memcachedってのは、要はキャッシュらしく、

リクエストをディスクアクセス無しに、メモリ上で打ち返してくれるもの。

ハイパフォーマンスWebサイト ―高速サイトを実現する14のルール

ハイパフォーマンスWebサイト ―高速サイトを実現する14のルール

  • 作者: Steve Souders,スティーブサウダーズ,武舎広幸,福地太郎,武舎るみ
  • 出版社/メーカー: オライリージャパン
  • 発売日: 2008/04/11
  • メディア: 大型本
  • 購入: 32人 クリック: 676回
  • この商品を含むブログ (126件) を見る
 

「これ、いいじゃないですか!」と思っていたところ、

あるシステムでは、mongoDBってのを使っていまして、

どうやらNoSQLっていうシステムらしい。

 

NoSQL : RDBじゃないデータベース

 

つまり、リレーションしない代わりに、パフォーマンスをあげたシステムみたい。

あっちのテーブルと、こっちのテーブルのデータを、キーを条件にくっつけて出力みたいなことを端っからしないらしい。

 

見せてもらったシステムの中には、

 

「こんなテーブル設計だったら、KVSでいいよね」

 

って言われてるのもありました。

KVSってのは、キーとデータの1ペアでデータを格納しているシステムで、NoSQL群の一つらしいですが、トランザクションは苦手っぽいので、皮肉として聞いておきました。

NOSQLの基礎知識 (ビッグデータを活かすデータベース技術)

NOSQLの基礎知識 (ビッグデータを活かすデータベース技術)

  • 作者: 本橋信也,河野達也,鶴見利章,太田洋
  • 出版社/メーカー: リックテレコム
  • 発売日: 2012/04/25
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 7人 クリック: 81回
  • この商品を含むブログ (7件) を見る
 

 

まだ、NoSQLに関しては、ふわーっとしていますが、いろいろ種類があるようです。

  • KVS
  • テーブル指向型
  • ドキュメント指向型

などなど、KVS以外はどういったモノか理解できてません。。。

 

とにかく、今回は、

 

MySQL + memcachedも良いけど、

どえらい大量なデータを扱う場合はNoSQL系と組み合わせるのが吉

 

ということのようでした。

No Only SQLだそうです。